SSI CGI PHP ゲームCGI利用可能 大容量 無料レンタルサーバ 同人活動を応援します
HOME > 取り扱い説明
MENU サーバの仕様 利用規約 アクセス状況一覧 登録申請手続き 解約申請手続き ドメイン申請手続き お問い合わせ リンク 公式 Twitter SPECIAL LINK 谷川八郎法律事務所 多摩警察署ホームページ サーバー監視サービス 無料サイト集 Kooss Web Liberty HP Tool Box 格安レンタルサーバー比較 BOOKMARK Bookmark and Share

取り扱い説明

当サーバを利用する上で必要なソフトの準備

当サーバを利用するには次のソフトが必要です。サーバにファイルを転送するためのソフトWinSCP、パスワードの変更、データベースのバックアップ等の各種操作を行うためのソフトTeraTerm。ダウンロードや詳細な利用法方法は下記のリンクより確認してください。

WinSCP :: WinSCPとはDownload Page
Installation packageを選択してダウンロードしインストールしてください。

TeraTerm Home PageDownload Page
リリースファイル一覧から最新のバージョンをダウンロードしインストールしてください。

サーバへの接続方法の解説(WinSCP編)

最初、起動すると下記のような画面が表示されます。"Host name"、"User name"、"Password"に当サーバから発行された情報を入力し"Login"を押すことでログインすることができます。なお、"Save"を押すと次回からアカウント情報の入力を省略できます。

正常にログインできると下のような画面が表示されます。右側のWindowの"public_html"にサイトをアップロードすると指定のURLでサイトを表示出来るようになります。絶対に"public_html"のパーミッションは絶対に変更しないようにお願いいたします。

サーバへの接続方法の解説(TeraTerm編)

最初、起動すると下記のような画面が表示されます。"ホスト"に当サーバから発行された情報を入力し"OK"を押すと認証画面に移ります。

認証画面に移ると"ユーザ名"と"パスフレーズ"に情報を入力し"OK"を押すことでログインすることができます。ログインの途中、ダイアログが表示されますが気にせず続行してください。

正常にログインできると下のような画面が表示されます。サーバの操作はUNIXコマンドにて行います。

ログインパスワード変更の解説

TeraTermでログインし次のコマンド"telnet 127.0.0.1 33"を実行します。すると下のようなログイン画面が返ってきます。

ログイン画面"login:"にユーザ名を入力し[Enter]を押します。するとパスワードを尋ねられるので"password:"にパスワードを入力し[Enter]を押します。この時パスワードの欄には何も表示されません。ログインに成功すると下のようなパスワード変更画面が返ってきます。

パスワード変更画面"(current) UNIX password:"に現在のパスワードを入力し[Enter]を押します。この時パスワードの欄には何も表示されません。正しいパスワードであった場合次のように新しいパスワードの入力を求められます。

パスワード変更画面"New UNIX password:"に新しいパスワードを入力し[Enter]を押します。この時パスワードの欄には何も表示されません。すると次のように新しいパスワードの確認で再入力を求められます。

パスワード変更画面"Retype new UNIX password:"に新しいパスワードを再度入力し[Enter]を押します。この時パスワードの欄には何も表示されません。新しいパスワードに問題がなければ受理され下のようにパスワードの変更が完了します。

DB(MySQL)へのログイン方法の解説

TeraTermでログインし次のコマンド"mysql -u DB用のユーザ名 -h 127.0.0.1 -p"を実行します。すると下のようなログイン画面が返ってきます。この時サーバの指定は省略出来ません。

ログイン画面"Enter password:"にDB用のパスワードを入力し[Enter]を押します。この時パスワードの欄には何も表示されません。ログインに成功すると下のようなMySQLのコマンドラインが表示されます。

MySQLのコマンドラインを終了するときは"mysql> "に"exit"と入力し[Enter]を押します。終了すると本来のコマンドラインに戻ります。

DB(MySQL)からのダンプ(バックアップ)の解説

TeraTermでログインし次のコマンド"mysqldump -u DB用のユーザ名 -h 127.0.0.1 -p --all-database > ./public_html/mysql.sql"を実行します。すると下のようなログイン画面が返ってきます。この時サーバの指定は省略出来ません。

ログイン画面"Enter password:"にDB用のパスワードを入力し[Enter]を押します。この時パスワードの欄には何も表示されません。ログインに成功すると指定したディレクトリにデータベースの内容が書き出されます。例では"./public_html/mysql.sql"に保存するように指定してあります。

保存されているかは次のコマンド"ls ./public_html/mysql.sql"を実行することで確認することができます。

ダンプしたファイルから復元する場合は次のコマンド"mysql -u DB用のユーザ名 -h 127.0.0.1 -p < ./public_html/mysql.sql"を実行し同様の操作を行うことで復元する事ができます。

HOME / ▲上に戻る